名義を変えていない不動産

不動産

ご相談の中で多いのは、不動産を相続したけど名義を変えていない、さらにその前の相続のときも名義を変えていない、こんなケースです。

この場合は、まず相続人の確定作業からやらなければなりません。

親が亡くなれば、子供が相続します。このとき子供が数人いれば話し合いをして(遺産分割協議)誰がどの財産をもらうのか決めます。

法定相続分は子供はみんな同じです。

片方の親が財産の2分の1、子供は残りの2分の1を分けます。

法定相続分通りに分けないといけないというルールはありません。話し合いで自由に決めることができます。但し、故人が生前に遺言書を書いていれば、原則として遺言書に書かれた内容の通りに分けます。

分けたときは名義変更の手続きをすることが必要です。不動産の場合は『登記』と言います。登記手続きは相続人でもできますが、通常は司法書士に依頼します。

これをしていないと、どうなるでしょう。登記をしていないことを『未登記』といいます。

不動産を相続して、未登記のまま置いていた人が亡くなった場合は、更にその配偶者や子供、場合によっては兄弟姉妹が相続することになります。

もし、仮にその相続した人が登記をしないで亡くなったら、その人の相続人が相続します。

おわかりですね。そう、不動産の権利がどんどん分散されます。

こうなると大変です。一体誰の不動産か、わけがわからなくなります。

こうなって、一番大変なのは、この不動産の売買ができなくなることです。不動産を売却するときは所有者全員の署名が必要です。登記をきちんとしていれば、それほど難しいことではないのですが、そうでなければ相続人一人ひとり探し出して、説明して、納得してもらい、署名、押印してもらわなければなりません。近くに住んでいればいいですが、日本中、場合によっては世界中に散らばっているかもしれません。見つからない人もいるかもしれません。

そうなると、不可能ではないですが、ものすごく時間がかかります。費用もそれなりに必要になります。

そうならないためにも、相続が起こったら早めの名義変更(登記)をするようにしてください。

当事務所では、相続人の確定作業を行います。又提携の司法書士により登記を行いますので、お困りの場合はご相談ください。

コメント