相続税にはご注意を

税金

相続税は一定の金額まではかかりません。

具体的には 課税価格の合計額が
3000万円+600万円×法定相続人までの金額であれば、かかりません。

この場合、法定相続人というのは相続税法の考え方であり、民法の相続人とは違います。
相続の放棄があったとしても、放棄が無かったものとして考えます。
又この段階での指定相続分は考慮しません。
つまり、相続放棄や遺言による相続分の指定があっても、計算には入れないのです。

このように相続税の計算はとても複雑なことが多いので、相続税がかかる可能性のある方は、税務の専門家に相談されることをお勧めします。
申告期限も相続が発生してから10カ月しかありません。
当事務所にご相談いただいた場合でも、相続税申告が必要な方の場合は専門家をご紹介いたします。
自分の判断だけで、もし申告をしなかったとしたら後で無申告加算税など、通常より多くの税金を支払うことになってしまいます。

コメント