民亊信託

不動産

相続財産に不動産がある場合の注意点

堺市の相続・遺言・生前契約書専門、不動産に詳しい行政書士の岡田です。 今回のテーマは、相続した財産に、不動産があった場合の注意点についてお話します。 相続する財産には実際、いろんなものがあります。 現金・預金の他に株券、貴...
民亊信託

障がい者(児)、親なき後の対策としての信託を考える

障害者(児)を子供にもつ親、親なきあとの対策として、何が必要でしょうか。成年後見制度等もありますが、実用的ではなく、多くの問題が指摘されています。民亊信託(家族信託)を検討されてはいかがでしょうか。
不動産

相続した不動産の管理と活用にはこれが効果的

父親が亡くなられ、その家を高齢の母親(妻)が単独で相続、子供は2人(兄・妹) この場合で、子供は既に独立して、別々の家庭をもっている場合。 母親が高齢で、あまり金融資産がない、もし、施設に入ることになった場合、子供家族にも資金的...
民亊信託

遺言書の長所と短所を知って活用する。

いざというときのための遺言書ですが、実は万能ではありません。 遺言書には限界があるのです。 欠点もあります。 また、堺市で行う遺言書教室でもお話をしようと思いますが、今回はその要点だけをお伝えします。 特に、自分だけ...
民亊信託

相続は事前準備が大切です。

誰もがいつかは直面する、相続です。 心配がある方は早めの準備が重要です。 まだ、早い・・・相続準備なんて縁起でもない・・・・ こういう風に考えてる方も多いかもしれません。 それと同時に、相続のことそれ自体が、何のことかわからず、なん...
不動産

不動産売買と民亊信託

今回は不動産取引に民亊信託を活用する方法について考えます。 特に、高齢の方が不動産売買を考えておられる場合の一つの方法です。 高齢の方が所有する不動産を売却することを考えている場合、 元気なうちは判断ができるのでいいのですが、認知症になって...
民亊信託

民事信託で大切なこと

民事信託という制度が注目されていますが、大切なポイントがあります。 それは、民事信託というのは、それをしようと計画する人(委託者と言います。)が、親族などで信頼できる人(受託者と言います。)へ自分の財産の管理や処分や承継を委託することであ...
民亊信託

民事信託と任意後見契約

民事信託は契約です。 民亊信託の主なプレーヤーは委任者、受託者、受益者です。その他、受託者監理人や、受益者代理人という重要なプレーヤーもいます。 民事信託にはいろいろはタイプがありますが基本的には、委託者が将来の受益者の生活の基盤を安定させ...
民亊信託

遺言と民亊信託を比較

自分が築き上げてきた財産を、自分が死んでからも自分の思うように活用したい、 そんな思いを持つ方もおられるのではないでしょうか。 遺言 『遺言』は残念ながら、財産を誰に渡すという指定は出来ても(遺贈、相続分の指定)、その後その財産をどのよう...