生前対策

生前対策

相続対策、結局どの方法が正解なのか

大阪府堺市、元建築畑の家と不動産に詳しい行政書士の岡田です。 相続対策という言葉が一人歩きして、さまざまな立場の人が、それぞれ自分のエリアの中で、いろんな方法を主張しています。 遺言書を書いたらいい、毎年生前贈与すべき、相続税を...
任意後見契約

頼れる身内がいない、相続人がいないときでも方法はあります。

頼れる身内がいない人は、将来身体が不自由になったり、判断能力が衰えたり、又は亡くなった場合にどうすればいいでしょうか。 これも切実な問題です。 そんな人のために事前に行う契約があります。尚、契約の相手は行政書士や司法書士などの専...
不動産

相続財産に不動産がある場合の注意点

堺市の相続・遺言・生前契約書専門、不動産に詳しい行政書士の岡田です。 今回のテーマは、相続した財産に、不動産があった場合の注意点についてお話します。 相続する財産には実際、いろんなものがあります。 現金・預金の他に株券、貴...
民亊信託

障がい者(児)、親なき後の対策としての信託を考える

障害者(児)を子供にもつ親、親なきあとの対策として、何が必要でしょうか。成年後見制度等もありますが、実用的ではなく、多くの問題が指摘されています。民亊信託(家族信託)を検討されてはいかがでしょうか。
生前対策

相続手続の生前準備で実は一番大切なこと

遺言書作成と並んで生前に準備することで重要なことがあります。 これができていないとせっかく遺言書を書いても、最悪無駄になってしまいます。 それは、自分の財産を整理してわかりやすくしておくことです。 預金通帳などは、大切なも...