遺産分割

不動産

相続財産に不動産がある場合の注意点

堺市の相続・遺言・生前契約書専門、不動産に詳しい行政書士の岡田です。 今回のテーマは、相続した財産に、不動産があった場合の注意点についてお話します。 相続する財産には実際、いろんなものがあります。 現金・預金の他に株券、貴...
不動産

相続したくない不動産はどうすればいいのか

相続には不動産が伴うことが多いのですが、不動産を相続することにより、いろいろな負担も生じます。 まず、保有しているだけでも固定資産税が毎年かかります。 固定資産税は、評価額×1.4%が原則です。都市にあるならさらに0.3%増えま...
不動産

相続財産になるということ 持ち戻しとは??

相続関係の言葉は、法律用語でもあるので、普通の人にはとても理解しにくいことがあります。 その中で今回は『持ち戻し』について考えます。 私もこの言葉を初めて見たとき、正直なんのことかさっぱりわかりませんでした。 例を挙げて説...
不動産

不動産を相続する前に考えること

将来の相続について、兄弟間でお話をすることもあると思います。 預金など、分割をしやすいものはその分割方法さえ決まれば、あとはそれに沿って分割するだけなので、比較的簡単だと考えられます。(揉めなければですが) それと比較して、不動...
不動産

名義を変えていない不動産

ご相談の中で多いのは、不動産を相続したけど名義を変えていない、さらにその前の相続のときも名義を変えていない、こんなケースです。 この場合は、まず相続人の確定作業からやらなければなりません。 親が亡くなれば、子供が相続します。このとき子供...
遺産分割

相続人確定のための戸籍調査

遺言書や遺産分割協議書を作成したりするとき、まず最初に確認することは戸籍の調査です。 戸籍とは日本国民の身分を正式に証明するもので、日本国民について出生、親子関係、養子関係、婚姻、離婚、死亡等を証明します。 戸籍は本籍地の市町村役場で取...
遺産分割

預貯金債権の仮払い制度等の創設

平成30年7月6日に成立した『民法及び家事手続法の一部を改正する法律』により相続法の多くの部分が改正されます。最高裁平成28年12月19日決定により、従来の判例を変更し預貯金債権が遺産分割の対象に含まれると判示しました。これにより遺産分割ま...
遺産分割

相続させる旨の遺言

「○○町△番地の不動産を次男に相続させる」 こういう遺言を相続させる旨の遺言といいます。特定財産承継遺言とも呼びます。この遺言の性格は遺産分割の指定であり、被相続人死亡のときに直ちに当該遺産が当該相続人に、相続により承継されます。したがっ...
遺産分割

配偶者保護のための方策

堺市の岡田行政事務所です。今回は今後民法の相続法が改正されますので、その件について要点をご説明します。 1.『婚姻期間20年以上の夫婦の一方である被相続人が、他の一方に対し、その居住の用に供する建物又はその敷地について遺贈又は贈与したとき...
遺産分割

法定相続と遺言

将来の相続を考えたとき、兄弟姉妹の仲も悪くないので、法定相続どおりでいいかと漠然と考えていませんか。しかし、この法定相続というのが実は曲者なのです。 例えば自宅とアパートと、駐車場、株式、現金合わせて 3億円の遺産があるとします。奥さんと...